Welcome to Murray Lawn's profile

If you wish to see a larger version of any photo just click on it and close the photo frame to continue.

I was born in New Zealand in a town called Tokoroa in 1962. New Zealand is perhaps most famous for sheep. (photo by Joshua) This is a picture of me with my mother. In 1986 I met a lovely young lady by the name of Etsuko Ono (a Graduate student of Junshin Junior College) while I was studying at Canterbury University (Christchurch). (2006 pic of Etsuko.. still young and beautiful ねー) We met because we both went to the same church, near the University (Illam Apostolic), she was a travel coordinator for Japanese tourists at that time. We got married in 1989 in the Baptist church (Isahaya, Nagasaki). Photo by Tajima - Photo Studio (Isahaya)Photo by Tajima - Photo Studio (Isahaya) The following picture shows our wedding party, best man from the back left to my wife's niece (Aya Kihara) right front. Photo by Tajima - Photo Studio (Isahaya) Photo by Nishiyama - Photo Studio (Yokohama) (2001 photo of Aya) At the rear right are my wife's two older sisters, Masako and Ryoko. I also graduated from University the same year (Electrical Engineering). In 1993 we came to Japan to live (Isahaya), and had a son Joshua in 1994. The choice of the name "Joshua" was based on Joshua ch. 24 vs 14 and 15 (our prayer for all people of Japan).  (2002 photo of Joshua)  I worked as an AET at the Seiryo Senior High School in Tarami (Nagasaki) for three years. The following picture was taken by my first supervisor Mr Nakamoto, he kindly took me and my lovely wife many places. (2004 photo with Wellington in the background) Unzen, New year's day 2009 (Unzen, new year's day 2009). Photo taken after Joshua's high school entrance ceremony (Mikawa Seido Boys school), March 2010 (photo taken at Nagasaki University). University entrance photo (Kyushu University click photo for more) April 7 2013.

I have two younger sisters their names are Vivienne and Brenda. Vivienne married a German gentleman by the name of Thomas Wolff Dec. 2001, they met at a church in Wellington (The Rock). Photo by Stephen Procter They have 2 boys Zachariah and Oscar . My youngest sister Brenda married David Ingram-Johnson (Feb 2002), and have a girl Charlotte and boy Alexander.Photo by Steve Wilson The following photo is of my family (Feb. 2010) and my wife's family (Ryozo Ono 1924 - 2005) May 2013 photo . My extended grandparents were my mother's father (Grandpa 1915 - Dec. 4 2003) and my father's mother (Granny Apr. 9 1906 - Aug. 3 2003).

My life centers on Christianity and my hobbies include building (41 Woodman Drive Tawa Wellington New Zealand) designed and built in my early 20s, boating from very slow to very fast, skiing (my kind of sign) , photography, multimedia, computing, electronics, mechatronics, mountain climbing , bodybuilding and of course love of animals. (~100kg dogs) (medium dog) (this is a cat). 2016 update, Joshua’s fiancé (Miyuki Kozan) and set of wheels for two (Mazda roadstar). Oct. 2016 Joshua started up a new company called "FUDO Co. Ltd" (Wind tunnel manufacture Japan Co. Ltd) 株式会社 日本風洞製作所 ( Nov. 26 2016 Nikkei Keizai Newspaper article 2016年11月26日、日本経済新聞の記事 ) Dec. 2016 Chojabaru, Mt. Aso 2017 update, Joshua's newish wheels (Chevrolet Corvette C5.. very nice but practically challenged).

I currently work at Nagasaki University as the Engineering department's coordinator for the Medical-Engineering hybrid professional development program (Contract to March 2018). Formerly between 1999 to 2013 I taught IT and English at the Nagasaki Junshin Catholic University in the English IT department while working part time at Nagasaki University. I completed a PhD in Mechanical Engineering at Nagasaki University in 2003. I worked as a technician and later engineer for the New Zealand Railways 1980-1990, then as a communications consultant for NZ Telecom 1990-1993. I was a lecturer at the Nagasaki Institute of Applied Science 1997-1999, continuing as a visiting lecturer until 2006. I received prefectural awards for innovation (stair-climbing wheelchair) in 1997 and 1998. Studies and interests include the development of various assistive devices in the field of rehabilitation, and use of multimedia in the feild of English Education. From 2012 my focus was and to some extent still is assisting my son Joshua in wind turbine and wind tunnel related research.

Papers published 著書、学術論文(1996present) click the paper title to view it. Resume (履歴書) Published papers (研究業績)

Figure 4. Deformation in case of E = 5 × 10^4 Pa  
Ikuo Yamamoto, Guiming Rong, Yoichi Shimomoto and Murray Lawn, " Numerical Simulation of an Oscillatory-Type Tidal Current Powered Generator Based on Robotic Fish Technology ," Journal of Applied Sciences, Vol.7, Issue 10, 2017 Oct. 26. 11 pages, 1070; doi:10.3390/app7101070
Ligating forceps  
Rui Zhu, Ikuo Yamamoto, Murray John Lawn, Yasumasa Hashimoto, Takeshi Nagayasu, Naoya Yamasaki, Keitaro Matsumoto, " Research and development of a laparoscopic surgical device for ligating endless organs based on a flexible structure ," Computer Assisted Surgery. Taylor & Francis, 2017 Sep. 26. 8 pages, doi: 10.1080/24699322.2017.1378790
Neck phantom  
Masayuki Baba, Keitaro Matsumoto, Hisakazu Shindo, Daisuke Taniguchi, Yasumasa Hashimoto, Yousuke Takeoka, Koichiro Shimoyama, Murray John Lawn, Naoto Matsuo, Naoya Yamasaki, Ikuo Yamamoto, Takeshi Nagayasu, " Development of a Tailored Thyroid Gland Phantom for Fine-Needle Aspiration Cytology by Three-Dimensional Printing ," J Surg Educ. 2017 Jun 19. pii: S1931-7204(16)30228-8. doi: 10.1016/j.jsurg.2017.05.012.
CAD design of forceps  
Mounted KAFO  
Murray J. Lawn, Makoto Takashima, Makoto Ninomiya, Jiangli Yu, Kayano Soma, Takakazu Ishimatsu, " Development of an actuation system for a rotary hydraulic brake on a low cost light weight knee-ankle-foot orthosis ," IEEE Sensors 2015, 1697-1700, 2015.
Mask-type input device  
Jiangli Yu, Takakazu Ishimatsu, Naoya Shiraishi, Murray Lawn, Chao Zhang, Motohiro Tanaka, " Face Mount Computer Input Device for Serious Disabled ,"BD Cloud 2015 IEEE Fifth International Conference on Big Data and Cloud Computing, 195-198, 2015.
Wire driven stair climbing mechanism  
Makoto Takashima, Masatomo Shibata, Takakakzu Ishimatsu, Murray Lawn, Shigeru Segawa, Michiyo Yokoo, " Development of Assistive Device by Elderly Engineers Association ," BD Cloud 2015 IEEE Fifth International Conference on Big Data and Cloud Computing, 260-264, 2015.
Pillow type input device  
Jiangli Yu, Takakazu Ishimatsu, Chao Zhang, Murray Lawn, Motohiro Tanaka, " Pillow-Type Computer Input Device for Serious Spinal Cord Injury ," Modern Mechanical Engineering, Vol. 5 No. 3, pp. 61-68, 2015.
3D-printed forceps  
Ikuo Yamamoto, Ren Ota, Rui Zhu, Murray Lawn, Takakazu Ishimatsu, Takeshi Nagayasu, Naoya Yamasaki, Kazunori Takagi, Takehiko Koji , " Research on seamless development of surgical instruments based on biological mechanisms using CAD and 3D printer ,"Journal Bio-Medical Materials and Engineering, vol.26, pp.341-345, 2015.
Overview of the system  
C. Zhang, T. Ishimatsu, J. Yu, M. J. Lawn, L. Shi, " Vision-based displacement sensor for people with serious spinal cord injury ," IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA), pp. 772-777, 2015.
Patient with prototype interface device  
Kento Omichi, Chao Zhang, Masato Mizuta, Joel Fernando Palomino Masco, Murray John Lawn, Takakazu Ishimatsu, " Computer controlled environment for people with spinal cord injury ," The 17th International Symposium of Geospatial Information Science and Urban Planning (GISUP 2015, International), 45-50, 2015.
Orthosis made from carbon material (Tepex®) and control mechanism  
Kayano Soma, Yu Jiang Li, Makoto Ninomita, Murray John Lawn, Takakazu Ishimatsu, " Development of single upright knee ankle foot orthosis to achieve natural gait training ,"The 17th International Symposium of Geospatial Information Science and Urban Planning (GISUP 2015, International) , 11-15, 2015.
Overview of the system  
S. Moromugi, T. Higashi, R. Ishikawa, S. Kudo, N. Iso, S. Ooso, T. Shirotani, M. J. Lawn, T. Ishimatsu, " Exotendon Glove System for Finger Rehabilitation after Stroke ," Replace, Repair, Restore, Relieve – Bridging Clinical and Engineering Solutions in Neurorehabilitation in Neurorehabilitation, Biosystems & Biorobotics, Springer International Publishing Switzerland, pp. 93-102, 2014.
Perceived improvement in English after using an online English conversation service 
M.J. Lawn, E.O. Lawn, " Increasing English Communicative Competence through Online English Conversation Blended e-Learning," International Journal of Information and Education Technology, Vol. 5, No. 2, February 2014.
I. Inage, E.O. Lawn, M.J. Lawn, " An Analysis of Student Motivation in an ESL Classroom by Using a Movie and Reader’s Theatre Styled Assignments ─based on student feedback─ ," Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University: Curriculum and Teaching No. 53, pp. 51-63, March 2013. 英語授業における洋画、リーダーズシアター(朗読劇)を用いた英語学習意欲についての考察─学生からのフィードバック分析に基づいて─、長崎大学教育学部紀要 教科教育学 第53号, 平成25年3月.
英語授業における洋画、リーダーズシアター(朗読劇)を用いた英語学習意欲について学生からのフィードバック分析に基いて考察する。洋画を英語音声字幕で視聴後、朗読劇をすることによって授業終了後も洋画を利用した積極的な英語学習意欲につながった。

I. Inage, E.O. Lawn, M.J. Lawn, " Reflections on the Use of Original Dramatized Presentations in the Classroom:Based on Direct Student Feedback," Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University: Curriculum and Teaching No. 51, pp. 93-108, March 2011.
英語授業におけるドラマ的手法を用いたスピーキング指導についての考察~学生からのフィードバック分析に基いて~
長崎大学教育学部紀要 教科教育学 第51号, 平成23年3月.
英語授業におけるドラマ的手法を用いたスピーキング指導について学生からのフィードバック分析に基いて考察する。グループ別に与えられたテーマに従って5~10分程度の英文の会話を創作し授業中に発表、評価してもらった。その活動を通して英語学習意欲が高まった。

Figure 10.
I. Inage, E.O. Lawn, M.J. Lawn, " Whether Tis Nobler to Normalize Ⅱ –Increasing peer-evaluator consistency when evaluating presentations in the classroom-," Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University: Curriculum and Teaching No. 50, pp. 109-124, March 2010.
英語スピーキングの評価方法についての実践的研究-評価数値の統計的標準化についての検討(2)-、長崎大学教育学部紀要 教科教育学 第50号, 平成20年3月.
英語スピーキングの生徒による評価の標準化と正確性を計るために、公平な評価をしていない生徒の結果を相関関係の値で捜し出し、評価から除外することによってより公平な評価結果を作り出した。

I. Inage, E.O. Lawn, M.J. Lawn, " Whether Tis Nobler to Normalize –Increasing Inter-evaluator Consistency in the Evaluation of Oral Communication Based Activities-," Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University: Curriculum and Teaching No. 49, pp. 93-102, March 2009.
長崎大学教育学部紀要 教科教育学 第49号, 平成19年3月.
英語スピーキング評価方法についての実践的研究を行う。スピーチコンテストの各教師の評価数値を標準化することによって、より公平な結果につながることを証明した。また標準化することによって同点の結果が出ることを避けることが可能になった。

I. Inage, E.O. Lawn, M.J. Lawn, "A Study of Native and Japanese Speakers of English Grading Tendencies of Speaking Ability
---Based on the Analysis of Interview Evaluations and Background Questionnaire ---
," Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University: Curriculum and Teaching No. 47, pp. 129-143, March 2007.
英語スピーキングテストにおける英語母語話者と日本人の評価傾向に関する研究―面接試験と英語教育等に関するアンケートの分析をもとに―, 長崎大学教育学部紀要 教科教育学 第47号, 平成19年3月.
英語スピーキングテストを実施する際に日本人英語教師(JTE)と英語母語話者の英語教師(NTE)の間、また日本語教師間でも、中学英語教師、高校英語教師、大学英語教師の間で何らかの差が出てくるかまた教師経験年数などによりどのような評価の差が出てくるのかを分析することを目的とした。

S. Moromugi, S. Kim, S. Yoon, N. Matsuzaka, T. Ishimatsu, M.J. Lawn, "Development of an effective training machine using muscle activity information," The 32nd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON'06), Paris, France, November 6-10, pp. 4534-4539, 2006.
安全かつ適切な量(負担)の筋肉トレーニング機器を使用することは非常に重要である。この研究では、トレーナーの筋肉の緊張度を測るセンサーを作成したことによって適切な量の筋肉トレーニングをすることに成功した。

M.J. Lawn, and T. Ishimatsu, "Modeling of a stair-climbing wheelchair mechanism with high single step capability," IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering, vol. 11, No. 3, pp. 323-332, Sept. 2003.

車椅子利用者の行動範囲を制限する障害として段差や階段がある。本稿は比較的高い段差にも対応可能な階段昇降機能を備えた動力付き車椅子の機構開発について報告する。本車椅子は車輪のついたロボット脚を有し、車輪位置を変化させることで段差の登り降りを可能とする。他の階段昇降車椅子と異なる大きな特徴として進行方向を向いたまま階段の昇降が可能なこと、また乗用車の後方ドアからの乗降が介助を要せず可能であること等が挙げられる。
Stair-climbing wheelchair concept animation

Study of Stair-climbing Assistive Mechanisms for the Disabled(障害者のための階段昇降機構に関する研究) PhD thesis (博士論文), Dec 2002.
斜面地に暮らす高齢者や障害者の快適な移動手段を提供する為に、2種類の階段昇降機能付き車椅子を提案し、その設計、開発、評価を行った。実用的システムの実現に向けて、実機による実験およびコンピュータシミュレーションによるシステムの有効性や安全性の検証を行った。また装置の開発のみならず、斜面地での人々の暮らしや問題点を調査し、彼らへの効果的な支援体制や、階段昇降機導入方法などについて提案を行った。
M.J. Lawn, T. Sakai, M. Kuroiwa, T. Ishimatsu, “Development and practical application of a stairclimbing wheelchair in Nagasaki” Journal of HWRS-ERC, Int. Journal of Human-friendly Welfare Robotic Systems, vol. 2, no. 2, pp. 33-39, 2001.
長崎市のような斜面の多い地域では高齢者や障害者は生活の中で大変な不便を強いられている。このような斜面地において移動に難を抱える人々を支援するために、2対の2連クローラを用いて不規則で曲がりくねった階段でも昇降を可能とする階段昇降車椅子の機構開発を行った。搭載したカメラにより、階段上に施したラインを検出することで自動運転機能をも実現した
M.J. Lawn, E.O. Lawn, Impact of the “Sex, lies and the truth” video on attitudes towards sex before marriage among some Japanese University students. 『Sex,その嘘と真実』ビデオの印象、地方都市の私立大学生の、結婚前のセックスの考え方について、純心人文研究、長崎純心大学人文学部、第7号、pp. 21-32, 2001.
厚生省エイズ動向調査、厚生省性感染症サーベイランスの調査によると、近年わが国では10~20代の若者を中心にHIVやクラミジア感染症および淋病が急速に増加し始めている。また性的関係を持つ年齢は年々減少し、性的関係を持つ相手の人数は増加している(木原1999)。地方都市の私立大学生に「Sex、その嘘と真実」と題するビデオを見せた前後の性意識、性行動の実態を調査し、性教育の必要性を考察した。
M.J. Lawn, C. Suzuki, Y. Hamada, "Language education through the creation of CD multimedia: A pilot course," Junshin bulletin of British-American studies, vol. 17, pp. 131-141, March 2000.
言語教育の分野でも、すでにコンピュータを使用した教育(CAI)が長年行われてきている。この研究では、「メディア英語」と題して試験的に行われたレッスンの概要を述べる。このレッスンの目的は、学生の興味分野をビデオ作成し、英語で紹介することで得る英語の学習効果を考察するものである。
M.J. Lawn, "Creating CD multimedia from the classroom," Junshin bulletin of British-American studies, vol. 17, pp. 143-160, March 2000.

この研究では、まずメディアあるいはマルチメディアを使用したビデオ(CD)の作成方の概観を述べ、特に、学生が経験したビデオの内容に関する問題点、また技術的問題点に焦点を当て考察した。

M.J. Lawn, E.O. Lawn, Language switching - a case study, 所報,長崎総合科学大学情報科学センター, No.11, pp. 17-22, 2000. 二ヶ国語の言語切り替えに関するこの事例研究では、二言語(日、英)、2つの文化を背景に持つ日本在住の男児(6歳)に焦点を当てた。両親(父親ニュージーランド人、母親日本人)とのある1日の会話を録音したものから、その男児の言語切り替え行動の年齢的、言語発達段階的、社会言語学的に影響する要素を分析した。
M.J. Lawn, T. Ishimatsu, T. Takeda. Towards a “Barrier Free” Wheelchair, Advanced Robot Systems and Virtual Reality, ISMCR’2000 、Vienna Austria, vol. 7, pp. 63-67, Sept 2000. 

斜面地に暮らす高齢者や障害者の快適な移動手段を提供するために、階段昇降機能および乗用車への自動乗降機能を有する動力付き車椅子を提案する。本車椅子はシートの下や背面にコンパクトに収納可能なロボット脚を有し、これにより車輪の位置を変化させることで、シートの傾きを水平保ちつつ、階段や大きな段差を乗り越えることができる。コンピュータシミュレーションを通して提案する機構の有効性を確認した。

M.J. Lawn, M. Kitajima, T. Takeda, T. Ishimatsu. Implementation of Virtual Reality in rehabilitation, IMEKO 2000 the XVI World Congress on the International Measurement Confederation, Vienna Austria, pp. 151-154, Sept 2000
退屈になりがちな機能回復訓練を楽しく魅力的なものにするために、バーチャルリアリティー技術を応用したリハビリテーションシステムを提案する。本システムでは対象者はスクリーンの前で偏光グラスをつけ、スクリーンに提示される3Dイメージからあたかも仮想空間の中にいるような感覚を得る。その中で対象者は自らの体の動きに伴って変化する3Dイメージを体感することで楽しみながら効果的なリハビリを行うことができる。
   
M.J. Lawn, T. Takeda, “Design of a robotic-hybrid wheelchair for operation in barrier present environments,” Proc. 20th IEEE/EMBS Int.l Conf., Hong Kong, ROC, vol. 20, pp. 2678-2681, 1998.

斜面地に暮らす高齢者や障害者の快適な移動手段を提供するために、油圧と電気の両駆動装置を用いての階段昇降機能および乗用車への自動乗降機能を有する車椅子を提案する。本車椅子は車輪のついたロボット脚を有し、車輪位置を変化させることで段差の登り降りを可能とする。提案する車椅子における車輪や脚の最も有効な駆動方式を検証すると共に、原寸大モデルの製作を通して提案する機構の実用性、安全性について検討を行った。

M.J. Lawn, T. Takeda, “Design of an action interface with networking ability for rehabilitation," Proc. 20th IEEE/EMBS Int.l Conf., Hong Kong, ROC, vol. 20, pp. 1242-1245, 1998.

バーチャルリアリティー技術を応用するリハビリテーションシステムのためのロボットアーム型インターフェースの開発を行った。手の位置を検出するロボットアームをインターフェースとして用い、ネットワークを介して対戦するテーブルテニスゲームのリハビリテーションへの応用について、生理学的検証も含め幅広い観点からその有効性の検証を行った。

M.J. Lawn, T. Takeda, “A 5 DOF force feedback arm interface for rehabilitation operated in a virtual environment," Proc. Eighth International Symposium on Measurement and Control in Robotics, Prague, Czech Republic, pp. 405-410, June 1998.

バーチャルリアリティー技術を応用するリハビリテーションシステムのためのロボットアーム型力覚提示インターフェースの開発を行った。本システムはインターネットによる情報通信を活用し、仮想空間における体の動きを通したインタラクションを複数の利用者が楽しむことにより快適なリハビリテーションを実現する。インターフェースとして開発した5自由度ロボットアームの詳細について報告する。

M.J. Lawn, T. Takeda, “Development of a 20 DOF wheelchair for operation in a barrier present environment” Proc. 8th ISMCR Int.l Symp. Measurement and Control in Robotics, Prague, Czech Republic, pp. 411-416, June 1998.

合計20の自由度を持ち、スムーズな階段昇降を可能とするハイブリッドロボット車椅子の設計を行った。本システムは車輪を支える4つのロボット脚を有しており、平面走行では通常の車椅子と同様な寸法形状のまま車輪走行を行い、階段においては脚による安定した昇降を可能とする。本稿では機構解析の結果と設計した制御系を中心に報告する。

M.J. Lawn, T. Takeda, T. Yamada, Development of a 5 axis upper limb force display operating in a VR environment for training, Proc. The Seventh International Conference on Artificial Reality and Tele-existence、東京大学, pp. 99-105, Dec 1997.

バーチャル空間における仮想運動を体感するための5自由度を有する上肢力覚ディスプレイの開発を行った。バーチャル空間はヘッドマウントディスプレイにより提示され、利用者は力覚ディスプレイ装置を介して宇宙船のハッチ開け閉め訓練やボーリングの練習を仮想現実空間の中で行うことができる。本稿は試作システムの概要や機能および有効性について報告する。

M.J. Lawn, "A robotic hybrid wheelchair for operation in the real world," , Computer Science Center, 長崎総合科学大学情報科学センター,  所報No.8, pp. 65-77, 1997.
階段の昇降を可能にする車椅子の機構を提案する。電気モータにより駆動する車輪とそれを支える油圧駆動式ロボット脚の組み合わせにより、平地でのスムーズな走行と、階段での安定した昇降の両方の実現を目的とする。実用性を損なわぬよう平地走行の際には一般の車椅子のサイズにとどまるように工夫して機構設計を行った。本稿では提案する車椅子の基本機構の概要につて報告する。
1998年第46回長崎発明くふう展(社)発明協会長崎県支部賞(努力賞)
1997年第45回長崎発明くふう展長崎県商工会議所連合会会長賞 優秀賞受賞

Nagasaki inventors 

 

階段昇降可能な車椅子,特許出願中(整理番号 MJL9709001)
M.J. Lawn. "If I use a computer will it save time? ...well No and Yes," Computer Science Center, 長崎総合科学大学情報科学センター, 所報 No.7, pp. 15-19, 1996.

ニュージーランドと日本におけるコンピュータの役割、人々のコンピュータに対する態度を比較してみた。ニュージーランドは日本と同様、さまざまな分野で世界の先導的立場にある。特にニュージーランドは、コンピュータの使用が、政府、地方自治体、企業の経営管理においても、また家庭でも広く浸透している。私は、1993年に日本へ移り住んで来たが、市役所へ行って目にした光景は、職員の書類の山だった。

My E-mail address is

Return

Return